« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

ネコとは心は通じるのかな?

cat ごぶさたです。

昼間はずいぶんポカポカしてきました。sun

外のにゃん次郎たちも過ごし易くなってきたようです。

なあ、にゃん次郎。 happy01

Sbsh06411

catにゃんでござるか。

Photo

happy01 そらちゃんものんびりポカポカだね。

Photo_2

happy01 ムーもたそがれております。

Sbsh0629_2

ちぃーは相変わらず、わたしの仕事の監視です。

な~んか使命を感じているようです。 coldsweats01

cat「う~ん、この仕事ぶりだと、今晩はさしみかニャsign01

さて、先日「天才sign01 志村どうぶつ園」を視て、ちょっと感動しました。weep

Photo_3

2

3

4

ところで、このtvを視るかぎり、ハイジさんが本当に動物と話ができるのか否かはどうでもいい事なんだろうなと思いますなぁ。

人に感情があるように、犬猫にも嬉しい、悲しいなどの感情があるはず、そこの機微をつかむ感覚がこのハイジさんは優れているのかも知れないね、より愛を感じる事ができた、愛情を再確認できたと思えればいいのかも。

ネコくんはワンちゃんと違い、自分勝手で気まぐれでマイペース、この小梅ちゃんのようなことは絶対ないな、と思いつつ、でもやっぱりお互い分かりあっているのかもって思うなぁ。

主従というよりも、お互い欠点だらけの良き友人、良き家族として認めあってい生きている、それがネコとネコ好きさんの関係なんだろうなあ。

Sbsh0321

ここの主人?が帰ってきてもこうだもんね。pout

ところで、先日ホームセンターのペットコーナーでショウケースに入った子ネコちゃんを見ました。

とってもカワイイのですが、ちょっと元気がないかなぁと思いました。

Photo_4

ふと貼ってある説明書きを見ると、2匹とも生後1.5ヵ月くらいです。

我が家で生まれたムーの子供達、私達よりもネコの事をよく知って可愛がってくださる所にもらっていただきましたが、それでも2ヶ月以上母親に甘えさせて送り出しました。

まあブリーダーさんはその道のベテランだから、問題はない事なのでしょうが、

「君たち、もうちょっとお母さんのところで甘えていたかったんだろうなぁ。」

とこの子達を見ながら思い悲しくなりました。

ショウケースの中のネコちゃん、ワンちゃん…なんか悲しい気もするね。

ちょっと考えてしまいました。

Photo_5

以前UPした写真だけど、ムーの息子のおととちゃんはこんなにムーとうちゃんにしっかり甘えて、いたずらもムーとうちゃんからしっかり伝授されて、

Photo_6

今は7スコさんちで、甘えん坊で食いしん坊でイタズラ坊主です。

しっかりムーのDNAがいきづいています。coldsweats01

終りに、7スコさんちのトボくんチミリンちゃんがご挨拶です。

Mini_110207_2156

チミリン 「エヘへ、コンバンニャsign01ポチしてニャsign01

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

さて今回は元気よくいこうかニャ

段々と暖かくなって来てるように思っていましたが、今日は一転また雪模様になりました。

Sbsh05841

これは、別に風景を撮ったわけではありません。「ニャイニャイ」とシマ周りをしているにゃん次郎を見かけたので撮りました、ちょっと遠いのですけれど、わかります。coldsweats01

その同じ場所の今日の朝です。  寒いです。snowgawk

Sbsh06141_2

まあ今回はあんまり積もらないみたいです。happy01

寒いので、ムーに服を着させてみました。coldsweats01

Sbsh05961

でもなんか気に入らないみたいで、直ぐに自分で脱いでしまいました。catface

今度ムー総統のマントを作って着せてみようかなあ。happy02

「迷惑だニャsign01annoycat

Sbsh0565

最近ちぃーはよくこの中でお休みです、私達はこれを「かまくら」と呼んでいます。

Sbsh05621

ダンボールハウスをにゃん次郎に潰されてしまいました、ホントに庭の破壊魔王です。pout

知らんぞsign03 フンpout

いごこちがいいのか、にゃん次郎がいなくなったら、ちゃっかりそらちゃんが入っていました。gawk

Sbsh05601

あ~、苦心の作がぁcrying

さてさて( ̄▽ ̄)

Photo

2_001

3

4

5_001

お後がよろしいようで。coldsweats01 基本的に実話です、手術失敗なんて、Y動物病院さんすみません。いつもお世話になります。happy01

さて、先回しんみりしちゃったので、やっぱムー帝国で。( ̄ー ̄)ニヤリ

「ムー帝国の逆襲 そのその何回目だったっけcatface

ー正義のヒーロー達に休みはないsign01ー」

Photo_2

2

3_2

4_2

このように、いかに雪の日といえど、ムー帝国の世界征服を阻止するべく、休む事を知らない正義のヒーローたちであった、ちゃんちゃん。

バツ博士、ポンパパ将軍には雪だるま役ですみません。とくにバツ博士だるまはこわしちゃって。sweat01sad

CAST

ソランくん、コナンくん  Mac Cat  ANKOさん

ゴーくん イチくん ナナちゃん ハッピーエブリジャー

             HAPPY EVERYDAY  ひかりさん

バツ博士雪だるまsweat02 愛猫写真舘 Yukiさん

             みぃこと遊んで みぃこのおっちゃんさん

ポンパパ将軍雪だるまsweat02 わたしは野良ポン&サクサクバラ日記

              ポン母さん

いつもギャラなしで、ご協力ありがとうございます。( ̄◆ ̄;)

Sbsh05861

最近はマッサージ機も完全占拠されております。crying

Sbsh0583

家で仕事中の時は、このように常にちぃーが監視をしております。

cat「しっかり働いて、お餌代をかせぐのだ~ニャ」

Sbsh0599

みなさん、よろしければポチにゃ。

ヒろは仕事が忙しくて、コメントご返事遅いけどゴメンニャ。

ムー帝国のアイデア募集中だニャ。sign01

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

2月になると

  2月7日はキャラメルの命日です、もう2年もたつのだからと思いつつもついキャラメルのことを想い出してしまいます、まあほんと情けない中年おとこでございます。catface

さてさて、キャラメルも天国で迷惑がっているかもしれないので、想いでにひたるのも今年までという事で、今回だけお付き合いを。

07120521cimg0198

キャラメルとムーと思ったら、ドアの向うに光る目がsign01

07120521cimg0197

cat 「にゃにモノsign03」 実はちぃーでした。coldsweats01

07120521cimg0223

ムーとキャラメルが庭を見ています。

07120521cimg0222

cat「とーちゃん、かーちゃん何見ているの、ちぃーも見ようっと」

07120521cimg0221

「物干しにとまっているチッコイのはにゃ~に ?」

「あれはチュンチュンだよちぃー」

「へ~、おいしいのかニャア ?」

「………sweat02

Photo

洗面所が好きだったキャラメルhappy01

2009年に描いた、キャラメルが我が家に来た時のエピソードです、ヘタクソですがお付き合いを

134

135

136

137

138

139

140

141

142_2

143_3

 

07120521cimg0181

さてさて、2月はキャラメルを想い出し、ちょっとマイナーな気分になってしまうのか、こんなのを描いてしまいました、以前ご紹介した、ナニワの白パパが主人公です、Kiryuさん勝手にすみません。coldsweats01

Photo_3

2

3

4

5

6

7

8

Kiryuさんの 大阪 Cat Storyに登場する白パパが数日いなくなっていたらしいのです、なにやっていたんだろうと思うと、こんなストーリーを考えてしまいました。

Kiryuさんすみません。coldsweats01

どうぞ白パパ一家に会いにいって下さい。happy01

猫に、君はしあわせか?なんて愚問でしょうね、「しあわせってニャニ?、おいしいものか。」って聞かれるのがせきのやまだろう。

何がしあわせかと言えば、自分の住む環境のなかで、今日一日を生きることがしあわせなんだろうね。

そしてちょっぴり寂しい時、近くに甘えさせてくれる人間がいる、これで十分なのかも知れない。

だから、外の猫たちはかわいそうだなと思うこともあるけど、案外彼らはそれなりに生活をエンジョイしているのだろうね。

そう思うと、せめて誰に害されることなく一生を送らせてあげたい、最期が病気であれ事故であれね。

ポン母さんのブログわたしは野良ポン&サクサクバラ日記に、西欧諸国のイヌネコの殺処分0、日本の殺処分27万という記事を見ました、(なんとわが市の人口並みです、信じられない)日本はGNPで2位の座を中国に明渡したと、ニュースでがたがた言っているけど、それがどうしたのだ、それよりも先進国としてこの殺処分の数の方が恥ずかしいと思うよね、もっと命のはかなさ、大切さがわかる本当の先進国にならなければいけないのではと思うなあ、いやもともと日本人はものの哀れというものを知る民族だったはずでは。

弱い彼らの命を人為的に奪う権利は絶対にないはずだ、殺処分に使う設備費、光熱費、人件費を彼らの命を生かすほうに使うよう知恵をはたらかせようよ、政治家さん、役人さん、そう思わない。

でもこんな偉そうな事を言っているけど、せいぜい僕はにゃん次郎とそらちゃんの2にゃんの面倒をみることで精一杯、それを思うと、日々汗を流しているボランティアさんには頭が下がります、ご苦労様です。

はやく殺処分0のみんなが笑顔こぼれる日本にしたいね。

Sbsh04581_3

はいはい、日々をエンジョイしているにゃん次郎でござる。sign01

Photo_4

そらは日々真剣に生きておりますニャ。

Photo_5

う~んちょっと真面目になっちゃったニャア、次はやっぱ「ムー帝国」でガハハといきますかニャsign01

あっポチニャsign01

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ